柄について

ゲンノウの柄入れ

手作りのものは加工のやり方により、穴の中が少し狭くなっており、柄を入れてクサビを打つと柄が抜けにくく、万一抜けるようであればクサビを穴に対してタテに打つ直すと驚くほど抜けにくくなります。クサビのサイズは各種ありますのでそれぞれにあったものをお選びください。

eire1

使いやすい設計

eire2

正しい持ち方

kotu

ゲンノウづかいのコツ

先づ、柄の端(鎚のついている反対側)を持ち、軽くたたく時は肘を支点とし、手首にははずみをつけてたたき、肘を中心として打つとコンパスと同じで中心の定まった半径の円を描くため、確実に打て、強くたたきときは腕の付根を中心に腕を半径に動かせばもっと力が入り、両手も持ってたたく大鎚の場合は腰を支点として上体にはずみをつけて打ちます。瞬間に釘の中心線と鎚の頭の中心線が一直線になるよう位置を決める必要があります。

束の緩み

どんなに硬く束をいれても多少は緩むもので、空気が乾燥している時はなおさらです。この時、くさびを入れ直すのが一番よいのですがすき間に紙をはさむだけでも緩みは止まります。試してみてください。